赤ら顔の人が気をつけたい食生活について

赤ら顔の改善には、スキンケアの仕方他生活の見直しなど様々なことがあげられますが食生活の改善もおススメします。

 

肌が弱く赤ら顔の人は肌のバリア機能がしっかり働いていないことが多いので、角質を丈夫にするための食材を心がけて摂るようにしてください。

 

肌の角質を丈夫にする食材には、濃い色の緑黄色野菜と油脂の組み合わせがおススメです。敏感肌で赤ら顔の人は、角質層がうすくバリア機能が弱いので、肌の水分も失われがちで、乾燥しやすい状態と言えます。

 

乾燥することで、増々ダメージを受けやすいので、十分な保湿が必要です。濃い色の緑黄色野菜と油脂の組み合わせは肌の保湿を保ち、角質を丈夫にしてくれます。

 

赤ら顔の人におススメしたい緑黄色野菜にはブロッコリーや、ホウレンソウなどがあります。緑黄色野菜に含まれているビタミンKが血行を促進しますから、血液の流れが悪くなっていることで赤ら顔になっている人にはおススメです。

 

また、赤ら顔の人は冷え性が多いですが、血液の流れを良くする生姜はおススメです。

 

手の先や足の先に血が通わないと、顔がほてりやすくなりますが、生姜は代謝を良くし、末端の血流を良くしてくれます。

 

このように、赤ら顔の人におススメの食品がある一方、赤ら顔の人はできるだけわさびほかの刺激の強い食品は避けてください。

 

このほか赤ら顔の人が注意したい食事には、塩分、油分、糖分の摂りすぎを控えること、海藻類や、根菜類などの植物繊維が豊富な食品を摂ることをおススメします。

 

そして、赤ら顔の人は乾燥肌が多いので、水分を十分摂ることを忘れないでください。