ビタミンKを食事で摂るには

ビタミンKは一日あたり成人男性で75マイクログラム、成人女性で65マイクログラムが摂取目安になっています。

 

ビタミンKは腸内で生成されますし、毎日の食事でもその量を十分に摂ることが出来ますので敢えてサプリメントなどで補足する必要はありません。

 

ビタミンKはキャベツ200グラムに対して156マイクログラム含まれていますので、ロールキャベツなどにするとたっぷり摂取することが出来ます。

 

またほうれん草なら100グラムで270マイクログラム、厚揚げも100グラムで25マイクログラムが含まれていますので、ほうれん草と厚揚げをひき肉やたまねぎと一緒に炒めてカレーにするのもお勧めです。

 

小松菜もビタミンKが豊富な食材です。小松菜は茹でてシンプルに練りゴマと白味噌を併せたものをかけて食べるととてもおいしく召し上がれます。小松菜は100グラムで210マイクログラムのビタミンKを摂取することが出来ます。

 

この他にも納豆、パセリ、明日葉、モロヘイヤなどの食材にもビタミンKは多く含まれています。納豆は普通の納豆よりも引き割り納豆にビタミンKが多く含まれています。

 

納豆にはビタミンやミネラル、リノール酸、イソフラボン、サポニンも多く含まれ中でもナットウキナーゼという酵素は血液をサラサラにして血栓を溶かす効果が認められていますので、さらに目の下のクマや赤ら顔対策には効果があると言えるでしょう。

 

目の下のクマや赤ら顔が気になる方はビタミンKクリームと共に納豆を毎日の食事に取り入れてみると良いでしょう。