赤ら顔の各種化学療法での治療について

気にするなと言っても、本人にとっては悩みの赤ら顔です。どうしても赤ら顔が治らないとか気になる場合は、赤ら顔の専門医に相談してみるのも良いかもしれません。

 

専門医と言っても、他の肌の悩みと違って、レーザーで破壊された血管が修復するまでに炎症が起こり赤みが増してしまうこともある赤ら顔の人には、塗り薬で治療している専門医があります。

 

学芸大西口クリニックがそうですが、そのクリニックで自家調整した外用薬・ネームクリームを塗って治療にあたっています。

 

対象となる疾患や状態には、生まれつき両頬が赤い状態とか、アトピー性皮膚炎や、あるいはアトピーが治っても赤ら顔が治らない状態、怪我の後遺症で赤みが治らないとか、弱い脂漏性皮膚炎、その他普段は赤くないけれど、寒くなると頬が火照り赤ら顔になるなどの状態の方の治療を専門にしています。

 

多くは治療に数か月かかりますが、外用薬で治療するので安心なことや、ほとんど再発しないとのことなので、赤ら顔の悩みを解消できるので、強度の赤ら顔で悩んでいる方にはおススメです。

 

またテレビなどでおなじみの「高須クリニック」でも赤ら顔の治療を行っています。治療が難しいと言われる赤ら顔を、プラセンタ注射や、美年齢点滴、スーパー美白点滴、などの方法で赤ら顔の治療にあたっています。

 

リンゴのような頬で悩んでいる方や、頬や鼻に血管が浮き出て赤くなっている方、酒さと診断された方、毛細血管の拡張症で悩んでいる方、いろいろ試してみたけれど赤ら顔が治らないという方は、一度相談してみることをおススメします。

 

このほかVビームレーザーと呼ばれる特殊なレーザーで、赤いニキビや、赤く残ってしまったニキビ跡などの赤ら顔の治療にあたっているクリニックもあります。