ビタミンKの働きと効果

ビタミンKの最も大きな効果は血液を凝固する作用です。普段私たちは指を切ったり、すりむいたりして血が出てもしばらくすると血は自然に止まります。

 

これは血液中にあるプロトロンビンという物質の作用によって血が固まって出血が止まるのです。そしてこのプロトロンビンという物質が体内で作られるためにはビタミンKが必要になります。

 

さらにビタミンKは骨の形成にも深く関わっています。骨に関係する栄養成分といえばカルシウムをすぐに思い浮かべると思いますが、ビタミンKも非常に重要な役目をしています。

 

ビタミンKは骨にカルシウムを取り込んで逃げ出さないように留める働きをしており、骨を丈夫に保つためには不可欠な成分になります。

 

ビタミンKは腸内細菌によって体内で生成されるためあえてサプリメントなどから摂取する必要は無いのですが、病気のために抗生物質を長期に渡って服用している方や腸内細菌が少ない乳児などはビタミンKが不足することがあります。

 

ビタミンKが不足すると血が止まりにくくなるため、大きな怪我をすると出血が止まらず命に関わることになる場合があります。

 

また、ビタミンKの不足によってカルシウムの流出が多くなって骨がもろくなることがあります。ビタミンKは緑黄色野菜や納豆、卵黄などに多く含まれています。

 

しかしビタミンEとの相性があまり良くないので、ビタミンKとビタミンEの同時摂取には気を付けなければなりません。また血栓症などで血液をサラサラにする働きのあるワーファリンなどの薬を処方している方も注意が必要です。