ビタKレッドX

ビタミンKは血液の凝固作用があることから医療現場で止血のために使用されてきた成分です。

 

ビタミンKは服用すると血液を凝固させる作用があるのですが、肌に塗ると血栓を溶かして血液の流れを促進させるという性質を持っています。この性質を利用して数年前から目の下のクマや赤ら顔の解消を目的に化粧品に使われるようになってきました。

 

ビタミンKを配合したクリームはたくさん市販されるようになりましたが、中でも人気が高いのがビタKレッドXです。ビタKレッドXはBBクリームなどで有名な韓国のドクターズコスメです。

 

ビタKレッドXは皮膚科の専門医が開発した化粧品であるため安心して使うことが出来ます。

 

ビタKレッドXには主要成分のビタミンKの他、マグネシウムやブロッコリー抽出物が配合されています。マグネシウムには細胞を活性化させる働きがあり、ブロッコリー抽出物には色素沈着を予防して肌を再生させる作用があります。

 

ビタKレッドXは顔の赤みや目の下のクマ以外にもニキビ跡の赤みなどの色素沈着にも効果があるようです。即効性は期待出来ませんが、長く使い続けることで赤みが確実に取れていきます。

 

ビタKレッドXはSKIN&LABのシリーズの一つでビタKレッドXを含めて5種類が販売されています。その中の一つで炎症を抑える作用のあるビタBACコントロールと組み合わせるとさらに効果は高くなるようです。

 

顔の赤み、目の下のクマ、肌のくすみ、ニキビ跡などでお悩みの方は一度ビタKレッドXを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

≫ビタKレッドXのクリームはこちら