顔が赤いといわれる

2か月ほど前から顔が赤くなって、会う人会う人に「顔が赤いよ。お酒飲んでるの?」って毎回必ずと言っていいほど言われるようになってきました。

 

ほっぺたのあたりが特に赤く、眉間のあたりも赤く、全体的に顔が赤いのです。これは自分でもわかっていたことなんだけど、毎回人に言われると気になってきます。

 

別にお酒を飲んでいるわけでもないし、今まで赤くなかったのになんでだろう?って。もともとお酒を飲んでもそんなに顔が赤くなるということはなかったのに・・・。

 

赤ら顔

 

しかも、ときどき行く和食屋さんに夜行ったとき、そこのお店のマスターに「ベロンベロンに飲んできてるのかと思いました!」って言われてすごくショックを受けました。「ベロンベロン」って…。

 

このまま会う人に毎回顔が赤いっていわれるのは、もう嫌ですし、何らかの病気で赤くなっているということもありえるので、とりあえず次の日に皮膚科に行ってきました。

 

近所の皮膚科に行って「顔が赤いのが治らないんです」っていうと、「高血圧の人は一般的に顔が赤いことが多いからねー。」みたいな感じで言われました。

 

僕は高血圧で5年ほどずっと薬を飲んでいるんですけど、顔が赤くなってきたのは最近なので「ずっと高血圧で薬飲んでいますが、顔が赤くなったのは最近なのです。」っていうと、「とりあえず薬出しておきます。」って言われて診察終了。

 

ちゃんと見てくれてるのかな??こっちは真剣に悩んでいるのに!!

 

って思いながらも、とりあえず「パルデス」というクリームと、「ロラタジン」っていう飲み薬をもらって帰りました。

 

で、2日ほどそのパルデスというクリームと、ロラタジンっていう飲み薬を飲んでいると、顔の赤みが引いてきて、本来とまではいかないけど、ある程度前の肌の色に戻ってきたように思えました。

 

赤ら顔がおさまる

 

ムカつく診察だったけど、とりあえず薬で治ってよかったなーって思いましたね。

 

ステロイド

薬

ちなみに、処方されたパルデスってどんな薬だろう?って思ってネットで調べてみると、ステロイドの薬らしいのです。ステロイドって何かよく分からないけど、聞いたことがあるしあまりいいものではなかったような気がしました。

 

ステロイドっていうのも調べてみると、ステロイドって結構怖いものみたいですね・・・・。あまり使いすぎていると、逆に赤ら顔の原因になって治すのが困難な状況になるとか・・・・。

 

お医者さんの指導のもと使うのはいいけど、ずっと使い続けるのはよくなさそうな感じでした。多分結構強い薬なんでしょうね。強い薬っていいところもあるし、その分副作用的なものもあるでしょうから。

 

ある程度治ってきたのはいいけど、使い続けるのはなんか怖くなってきました…。ステロイドを使うのをやめると元に戻ってしまったら、また繰り返し使い続けなければいけない…。

 

やはり、なるべく自然な方法で直すのが1番いいんだろうなという気がしました。

 

多くの赤ら顔の原因は毛細血管の広がり

まず赤ら顔の原因ってどういうことがあるんだろう?と思って調べてみたのですが、1番多い原因が「毛細血管の広がり」らしいのです。

 

顔には毛細血管がたくさんあって、特に頬や鼻、アゴのあたりには特に多いようなのです。

 

これらの毛細血管が、何らかのちょっとした刺激によって炎症を起こし、広がってしまうことにより赤血球が多くなり赤ら顔となってしまうというわけなのです。

 

僕はちょっとした日焼けでもヒリヒリしてしまうほど皮膚が弱いです。なので、日焼けなど色々な要因によって毛細血管が炎症を起こしてしまった可能性は大いにあるんじゃないかと思います。

 

これが原因か〜・・・・。たぶん・・・。

 

お医者さんが言ったことではないけど、適当に高血圧の人は顔が赤いっていうだけのお医者さんの診断よりも、よりしっくりきて納得することができましたね。

 

病院でもらったステロイドの薬は炎症を抑える作用があるようなので、一時的に炎症が抑えられて赤ら顔が治ったという事なのでしょう。

 

なので、この毛細血管の炎症を薬ではなくある程度自然に抑えることが1番いい方法ではないかと思いました。

 

白漢しろ彩という化粧水

 

毛細血管の炎症を抑える方法はどうすればいいのか?というのを調べてみると、この炎症を抑える事の出来る赤ら顔専用の化粧水というのが発売されていることが分かりました。

 

それが、白漢しろ彩(はっかんしろさい)という商品なのです。男性でも女性でも使えます。

 

どういう化粧品かというと、フランス地中海から抽出した美容成分である海洋性エキスが広がってしまった血管へアプローチしてくれるのです。

 

赤ら顔の悩みのある方に28日間使ってもらった結果では、86%もの方の赤みを軽減することができたようですからね。

 

赤ら顔になりやすいという事は肌が弱いという事ですので、無添加というところにもこだわってくれています。

 

アルコールやパラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油などは利用していないのです。

 

なので、肌の弱い僕でも安心して使うことができるというわけですね。

 

赤ら顔対策として保湿というのもすごく重要なようなのですが、白漢しろ彩は保湿も十分行ってくれる成分が配合されているようです。

 

商品説明を見る限り、「これはいいな!」って言える商品だったので、使ってみているのですが実際調子がいいです。

 

人に赤ら顔といわれることも全くなくなりましたし、

 

なので、僕と同じように赤ら顔で悩んでいるという方は、白漢しろ彩を一度試してみるといいと思いますよ( ̄▽ ̄)

 

※詳しくは⇒≫白漢しろ彩の詳細はこちら

 

ビタミンKクリーム

 

赤ら顔を治すためには、ビタミンKもいいと言われています。ビタミンKには肌の血行を促進してくれる効果があるようなので、毛細血管の血液が自然な流れとなり、赤ら顔が解消されるというわけですね。

 

で、クリームとなっているビタミンKクリームを直接肌に塗ることにより、赤ら顔が解消されるというわけです。

 

このビタミンKクリームも試してみたのですが、ちょっとべたべたしてしまいます。テカってしまうというか・・・。

 

見えないところだったらいいんだけど、顔は目立つところなので、ベタベタするのはちょっと嫌ですよね。もしかするとべたべたしないビタミンKクリームもあるのかもしれませんが。

 

そういうっところからも、僕的には白漢しろ彩が今の所1番おすすめですが、人によって違いはあると思うのでビタミンKクリームも試してみるといいかと思います。

 

ビタミンKクリームだとビタKレッドXというのが一番有名だと思うのですが、こちらだとクリームだけでなくビタミンK化粧水も出ているので、化粧水ならべたべたしなくていいかもしれませんよ。

 

※詳しくは⇒≫ビタKレッドXはこちら

 

赤ら顔の悩み体験談
赤ら顔なのはアレルギーでした

私は今28歳なのですが、中学生の時からずっと顔が赤くなる事で悩んでいました。

 

人と話していても、すぐ赤くなって外に出かけた時も顔が真っ赤で、友人から「なに顔を赤くしているの?タコみたい」と言われ、恥ずかしい思いをしていました。

 

長年困り続けて、私は外出する事や人と話す事がイヤになってきていました。

 

ある日、何か肌が悪いのかと思い皮膚科へ行ってみる事にしました。病院で診察をすると原因はすぐに分かりました。

 

私の顔がいつも赤くタコみたいになっていた理由は、紫外線アレルギーとアルコールアレルギーだったからです。

 

よく考えてみると、いつも日光に当たり、日焼け止めクリームなどは使わず、海に行くと顔は異常なくらい真っ赤になったりしていました。

 

その赤みは日焼けとは違っていて、いつまでたっても赤ら顔のままでした。

 

その赤ら顔を治すために、病院で薬をもらいました。

 

改善策も聞いたのですが、日焼け止めクリームの使用を言われ、肌が弱いということもあり、それはそれでまた顔が赤くなるので、赤ちゃん用の日焼け止めクリームを使用するように病院の先生に言われました。

 

使用してみたところ、外など日が差し込む室内などで顔が赤くなることは少なくなりました。

 

それでも、なるべく日光に当たらないようにしています。

 

アルコールアレルギーの方は、飲むのもですがアルコール消毒など、アルコールが含まれるもので顔を拭いたりしただけで顔が赤くなるので使用しないようにしています。

 

スキンケアに一番気を付けた

私は子供のころから赤ら顔に悩んでいました。

 

特に寒い部屋から暖房のある部屋に行ったりするとすごい顔が真っ赤で「なんでいつも赤いの?」とあまり面識のない方には言われることもありましたし

 

学生時代なんかはチークをしていると思われて先生に呼び出されたりすることもありました。

 

私は冷え性なのですがこの冷えも赤ら顔の原因になるそうで、冷え性もしっかりと治そうと思いました。私がやったのは生姜湯を飲んだり足を温めたりです。

 

また緊張やストレスでも顔が真っ赤になってしまったりしていたのでそういったこともきちんと慣れていくしかないのかなと思いました。特に人前は特にダメでした。

 

また赤ら顔の予防として一番気を付けたことはスキンケアです。

 

しっかりと自分に合っている化粧水を使用します。化粧水を利用する前にきちんと肌タイプを理解することが重要です。

 

基本は赤ら顔の人には敏感肌の人が多いかとは思いますが、しっかりと刺激のない無添加のもので優しく丁寧に洗ってあげることが重要となります。

 

私はこの悩みが原因で今までたくさん傷ついたり、心が折れたりしていました。

 

ですがしっかりと努力をして改善していくことで、最近ではそのコンプレックスが多少のチャームポイントにもなっています。

 

このようにいろいろことに挑戦することで考えも変えることができましたし、赤ら顔ということだけで、いろいろなことに挑戦するのにためらったりする方が出ないようにアドバイスしていきたいです。

 

化粧水や美容クリーム

昔から赤ら顔で悩んでいました。

 

若い頃は、ほっぺが赤くって可愛いねと言われていましたが、その言葉さえもからかわれている気がしてコンプレックスになり、メイクをいつも濃くして赤ら顔が目立たないようにして来ました。

 

しかし、根本的な原因が解決していないので夏の暑い時期にメイクが汗で落ちてしまうとすぐに赤ら顔がバレてしまいました。

 

メイクで誤魔化しても何だか赤ら顔である事が自分の中で大きなコンプレックスになって来ました。

 

年を重ねていくうちに。だんだんと赤ら顔である自分が恥ずかしくなり、いつも顔を見られないように下を向いて過ごすようになってしまいました。

 

気にすれば気にするほど赤ら顔が酷くなっているような気がして、どんどん気持ちも落ち込んで行きました。

 

このままでは、ダメだと思い赤ら顔を治すための改善策を探していました。

 

そんな時にネット、化粧水や美容クリームを変えるだけで赤ら顔に効果があるという記事を見つけ試してみる事にしました。

 

正直いって効果がでるとはあまり期待せずに使いはじめましたが、使い始めてすぐに赤ら顔の赤みが取れました。

 

最初は時間が経つと、また赤みが戻ってしまいましたが毎日使っているうちに赤ら顔が改善されて来ました。

 

あまり期待していなかったので、赤ら顔が本当に改善して驚きでした。

 

赤ら顔が改善出来た事で何だか自分自身に自信が持てるようになり以前より積極的に何にでも参加出来るようになりました。